総社市の『河川』について<河川編>

以前 総社市の『地形』について という記事を書き、前回『水系』について記事を書いた。


今回は、水系を形成する『河川』について記載する。



■河川・本川・支川の違い



■総社市に関連する河川(高梁川水系)


◇高梁川


◇小田川

  • 源流
    • 広島県神石郡神石高原町
  • 周辺
    • ほとんど総社市の流域には影響していない(ほとんど矢掛市や倉敷市を横切ってて、河口付近で総社市に若干かかっている程度)
  • 河口
    • 山陽新幹線および山陽自動車道の高架下付近で、高梁川と合流


◇軽部川

  • 源流
    • 総社市清音三因
  • 周辺
    • 清音にある軽部山の麓を、北から北西にかけて沿うように形成
  • 河口
    • 山陽新幹線および山陽自動車道の高架下付近で、高梁川と合流


◇槇谷川

  • 源流
    • 吉備中央町中央東部
  • 周辺
    • 川沿いに県道57号線(総社賀陽線)が走る
  • 河口
    • 秋葉山の麓・豪渓駅の近くで、高梁川と合流


◇落合川

  • 源流
    • 岡山県加賀郡吉備中央町
  • 周辺
    • 川沿いに県道307号線(吉川槙谷線)が走り
  • 河口
    • 県道57号線(総社賀陽線)との交流地点で、槇谷川と合流


◇新本川

  • 源流
    • 総社市新本
  • 周辺
    • 川沿いに県道80号線(上高末総社線)が走り、ポプラ付近で南に湾曲
  • 河口
    • 新川辺橋の手前で、高梁川と合流


◇はざ谷川

  • 源流
    • 総社市久代
  • 周辺
    • 特に何があるわけでもない
  • 河口
    • プラザ久代店付近で、新本川と合流


◇津梅川

  • 源流
    • 総社市新本
  • 周辺
    • 津梅池が源流で、南北に流れる
  • 河口
    • 県道80号線(上高末総社線)と県道282号線(市場青木線)の交流地点付近で、新本川と合流


◇下倉谷川

  • 源流
    • 総社市下倉
  • 周辺
    • 川沿いに県道54号線(倉敷美袋線)が走る
  • 河口
    • 美袋駅と日羽駅の中心辺りで、高梁川と合流


◇影谷川

  • 源流
    • 総社市影
  • 周辺
    • 川沿いに県道166号線(美袋井原線)が走る
  • 河口
    • 維新小学校付近で、高梁川と合流



■総社市に関連する河川(笹ヶ瀬川水系)


◇血吸川

  • 源流
    • 総社市奥坂
  • 周辺
    • 鬼城山の北東部を沿うように形成
  • 河口
    • 山陽自動車道の岡山総社IC付近で、足守川に合流
  • その他参考
    • https://www.okayama-kanko.jp/spot/10783


◇前川

  • 源流
    • 総社市中央
  • 周辺
    • 総社市の東西に湾曲する形で形成
  • 河口
    • 山陽自動車道の岡山総社IC付近で、足守川に合流


◇砂川

  • 源流
    • 総社市黒尾
  • 周辺
    • キャンプや水遊びなどできる砂川公園や、岡山県立大学の北部を走る
  • 河口
    • 山陽自動車道の岡山総社IC付近で、足守川に合流


◇桜川

  • 源流
    • 総社市西阿曽
  • 周辺
    • 岡山国際ゴルフ倶楽部にある池ノ子池から、南東部にほぼ直線的に走る
  • 河口
    • 山陽自動車道の岡山総社IC付近で、足守川に合流


◇久米田川

  • 源流
    • 総社市久米
  • 周辺
    • 木野山神社の麓が源流で、桜川や血吸川と交差している
  • 河口
    • 桜川や血吸川と交差しつつ、山陽自動車道の岡山総社IC付近で、足守川に合流



■補足

これらの河川がどこに位置するのかについては、以下のサイトが参考になる。

https://river.longseller.org/c/33208.html

コメント

このブログの人気の投稿

総社市のゆるキャラ『チュッピー』について

総社市の『町域』について<ま行>